高級デリヘル六本木≪巨乳≫ピアニッシモ:桐谷 杏果

高級デリヘル六本木≪巨乳≫ピアニッシモ

店名:ピアニッシモ
キャスト名:桐谷 杏果
T147・88(F)・57・88 23歳

高級デリヘル六本木で巨乳嬢と遊ぶ理由

そう、僕は絶対に高級デリヘル六本木の「ピアニッシモ」を選ぶ。理由はSMを利用できるからであり、そこしか利用しないことにしている。
別にSMクラブなんてそこらへんにもあるじゃないと言われそうでちょっと嫌だ。
まぁ、悪くはないのだが、結局その辺の街にあるようなSM風俗は、SでもMでも素人の女の子をそれなりに仕込んでいるだけというパターンが多くて、僕は楽しめない。それにやはり胸の女の子と遊びたいので、そういった女の子と遊べるのは大きい。
多分、ドMの男も同じように楽しめないんじゃないかなぁと思う。
SMについて一番伝えておきたいことは、SMとは愛情表現であって、快楽を求めるだけのものではないし、ましてやフリでできるものではないのだ。

例えば、僕が責めるときは、ドコが一番苦痛=一番感じるだろうと頭をフル回転させる。
叩くはずだったのに、首を絞めたり、身体にやけどしない程度の熱湯をかけたりするわけだ。
またどうやって責めればたわわなバストが「ブルンッ」と揺れるかも考える。
相手の思考と感情を読み取る、ようするに信頼関係がこれを可能にする。
Mだって一緒だ。
Mはただ痛めつけられたいのではない、Sの思考を読み取ってこの人は自分をこんなに痛めつけてくれてるんだと思わなきゃやってられないだろう。
だから、例えばゴルフクラブで身体を叩かれるのが好きなのがMだと思ったら大間違いなのだ。

快楽の世界に目覚めた人妻との逢瀬


SMの世界ではこういう次元まで到達している女の子と出会うことは本当に難しい。
だって、SMは信頼関係だから、基本的にカップリングは済んでいるのだ。
それに、Mを育てるのはSであり、Sを育てるのはMなので、成長自体がカップルのオリジナリティと切っても切り離せない関係にある。
ただ、どんなSMのカップリングも普通の恋愛と一緒で、ちょっとしたいざこざやもつれがあればセパレートしたりする。
そして、その次元のSでもMでもその次元まで達している人は、高級デリヘルにしかいないのだ。
だから、簡単に言えば、僕は高級デリヘルでパートナーを探している。
高級デリヘルであればスレンダーにボインというグラドルボディーの女の子と遊べるからだ。

元々僕を育ててくれたドMは人妻で、僕の学生時代のアルバイト先のパートさんだった。
ある日ひょんなことから関係を持ち、彼女は僕を育ててくれた。
彼女は僕のSの素質を見抜いてくれたのだ。
また果実のように真ん丸としたバストも僕の欲求を満たしてくれた。
極めて心の美しいMだったから、別れるのは辛かったが、彼女に子供が出来た。
そりゃそうだ、彼女は人妻なのだから子供も出来るだろう。
彼女の旦那は彼女が真性のMということを知らずにごく一般的にいう普通にセックスをしてるんだろうなと思うと悔しくなるが、彼女もまたそれを望んでいるのが伝わっていた。
子供のために普通のお母さんになりたいのが伝わったから、僕から手を引いた。

ピアニッシモ「桐谷 杏果」ちゃんについて一言


だから僕はSのくせに、Mからお預けをくらっている状態なのだ。
何とも情けないことだが、事実だから仕方がない。
僕はここ数ヶ月、ずっと考えていることがある。
SMとはS=サディストでM=マゾヒストの略語だけど、本当はS=スレイブでM=マスターが本来あるカタチでは?と言われる説があるのだ。
これを今、実感している。
SはMを虐めているように見えるが、本質的に言えばMの奴隷でしかないのだ。
マスターを喜ばせるためにどうしようかとひたすら考えている奴隷だ。
僕はひたすらご奉仕出来るマスターを高級デリヘルで捜しているんだと思う。
スラッとしたスタイルで、さらに胸が大きいというマンガのような身体をしてれば最高だ。

そして今夜、六本木高級デリヘル「ピアニッシモ」に入店した「桐谷 杏果」ちゃんとのとプレイを楽しむことになっている。
あれがしたいなぁとかこれがしたいなぁと考えているが、実際にその場になってみなければ分からない。
だって、そのMによって求めていることは違うし、逆説的に言えばMによって責めたいポイントが変わってしまうからだ。
まぁ、高級デリヘルから派遣されるドMだから、質的には問題ないだろう。
相性が良いと良いのだが。
そんな彼女はスレンダーな肉体だったので、Fカップバストがより魅力的に見えて興奮した。

関連記事

六本木高級デリヘル≪巨乳≫Lupin:梶原美園