栄町ソープ|しゃぼんくらぶ:さりな【Eカップ(90センチ)】

栄町しゃぼんくらぶ

さりな

T162・90(E)・59・88
21歳

「さりな」ちゃんの見所

元キャバ嬢の接客

細かな気遣い・盛り上げ方など完璧な接客です。

E乳を使った全身リ○プ

全身リ○プの最中もおっぱいを押し付けるエロプレイ。

栄町しゃぼんくらぶ「さりな」ちゃんについて一言

栄町のソープに行くことに決めた私ですが、ちょっと品川のデリヘルに浮気しようかなとか思いつつ、やはり栄町にある「しゃぼんくらぶ」に行くことにしました。
栄町という街はまさにソープ街のために存在しているといっていいでしょう。かの有名なピンク・フロイドのメンバーが「栄町トルコはどこだ?」と来日時に聞いてきたくらい、昔からソープ街として有名だということです。この話を聞いた当時のロック少年たちは、箱根アフロディーテに行けなかったことを悔しがりながら、代わりに栄町ソープに行ってキャストに慰めてもらい、結局そのキャストたちのいい仲になってヒモになったり身ぐるみを剥がされたりしたという話が残っています。それほどまでに栄町ソープとは日本人の体に馴染んだ存在であり、また勇気づけてくれる存在なのだと全ての男子が思っている/理解しているわけです。

私は猥雑な街・栄町の裏通りを通り、いまだにネオンというものがいやらしく光る歓楽街を訪れます。歓楽街というものは慣れているといっても私の足を鈍らせると同時に、気持ちは高揚させるというおかしな効果を持っています。恐らくこれは洋の東西を問わずどの地域でも歴史的にそうなのでしょう。恐ろしさと魅惑の同居。それが歓楽街だという珍説です。実はソープなど風俗店に行く楽しみのひとつに、歓楽街を冷やかすというものがあります。冷やかして歩いて行くとどの店にでも入れるんじゃねえかというよく分からない自信が生まれてきます。それが何を理由としているものなのか不明ですが、やはり性欲がその中心にあることだけは誰にでも分かります。そして私は充分に周りの店を冷やかしたうえで、入ろうと決めていた「しゃぼんくらぶ」にたどり着くというわけです。

私が入店すると同時にボーイが恭しく頭を下げてきました。それはそうです。私は天下のお客であって、充分なお金を払ってそのお店でプレイをする重要なお客なのであります。ボーイは私と同年齢ぐらいに見えますが、それでもまあまあの修羅場をくぐったことがあるかもしれない存在として名前を轟かせられたらいいなと思っているかもしれません。そんなボーイにも私は全く臆するところがありません。性欲は私の態度を大きくし、ソープ嬢を指名する前からお金を払ってしまいます。いやいや、とボーイに押しとどめられながら「さりな」ちゃんを指名します。その「しゃぼんくらぶ」の中では指名ランキングが3位に入るという人気嬢「さりな」ちゃんさんでした。一緒に過ごす時間は最高で、「さりな」ちゃんの巨乳をこれでもかと堪能することができました。

関連記事

栄町ソープ|CLUB ELLE:香恋【Fカップ(92センチ)】

栄町ソープ≪巨乳≫ベルフランセ:なつみ

栄町ソープ|アールズ:ゆい【Fカップ(90センチ)】